今回はBenQ GW2760HSです。

BenQ GW2760HSグロッシーブラック
発売元:BenQ
発売日:2013-04-27









(1)スペック
1、ディスプレイサイズ
27.0インチ

2、ディスプレイ解像度
1920×1080(フルHD アスペクト比16:9)

3、ディスプレイ規格
ノングレア
VAパネル

4、画素ピッチ
0.311mm

5、コントラスト
3000:1
20000000:1(Dynamic Contrast Ratio:DCR作動時)

6、視野角
上下178度

左右178度

7、輝度
300cd/㎡

8、バックライト
LED

9、応答速度
12ms
4ms(Gray to Gray)

10、入力端子
VGA端子を1ポート
DVI-Dを1ポート
HDMI端子を1ポート
搭載します。

11、USB端子の有無
搭載していません。

12、TV機能
チューナーを搭載しません。
(リモコンなし)

13、スピーカー
搭載しています。
(1W×2)

14、タッチパネル
対応していません。

15、VESAマウント
VESA規格(100mm×100mm)に対応しています。

16、プラグ&プレイ
不明

17、チルト
上方向15度、下方向5度

18、スウィーベル
対応していません。

19、ピボット
対応していません。

20、高さ調節
対応していません。

21、本体寸法
幅    62.26cm
奥行き 19.118cm
高さ   47.208cm

22、重量
4.5kg

23、消費電力
最大:50W
標準時:36W
エコモード:25W
待機時:0.3W

24、付属品
ドライバーCD(マニュアル・クイックスタートガイド含む)
電源ケーブル
D-subケーブル
DVIケーブル
保証書など


(2)特徴
今回はBenQのディスプレイです。
(BenQ GWシリーズ)

2013年5月発売モデルです。

27インチの大画面のディスプレイでVAパネル採用、ノングレア、スピーカー搭載のモデルです。

VAパネルを搭載しコントラストが高いのが特徴です。

ノングレアのため反射(映り込み)が軽減され目が疲れにくいです。

スピーカー搭載もうれしいポイントです。

発売から時間が経過していますが2012年5月発売モデル
BenQ GW2750HMからの主な違いを書き出してみます。

1)VAパネル採用は同じですが新VAパネルを採用し従来のVAパネルで角度を付けた時に画面の色が薄くなる現象が改善されています。(コントラスト値は下がっています)

2)LEDバックライト採用は同じですがバックライトのちらつきが軽減されたフリッカーフリーバックライトを搭載しています。

3)スピーカーの出力が下がっています。

4)スリムベゼルを採用したデザインで横幅など本体寸法が減っています。

インターフェースなど差はありませんがよく見ると枠が細くなりイメージが若干違います。

VAパネルの改善やLEDバックライトをフリッカーフリーにし目への負担など軽減されています。

VAパネルのためコントラストが高いですが応答速度は若干TNパネルなどに比べ劣るでしょうか。でも高速応答技術AMA:アドバンスド・モーション・アクセルレーター採用で応答速度4ms(G to G)を実現しています。

27インチも価格帯がだいぶ下がったでしょうか。


(3)価格などの情報を確認できます。
Amazonで価格などを確認する。
BenQ GW2760HS

BenQダイレクトで最新モデルを確認する。
BENQダイレクト

動画を見つけたので載せておきます。
※音声が再生されるのでボリュームに気を付けてください。


(4)BenQ GW2760HSでこのブログで扱っているPC用ディスプレイを検索できます。
1、メーカーごとで検索する。
PC用ディスプレイ メーカーのまとめ

2、カテゴリごとで検索する。
PC用ディスプレイ カテゴリごとのまとめ

3、スペックなどを入力して検索する。
カスタム検索の説明

4、トップページに戻る。
他のスペック関連のブログのリンクなどもあります。
PC用ディスプレイのスペックと特徴


ご覧いただきありがとうございます。

PC用ディスプレイは各メーカーから多彩なモデルが発売されています。

スペックや特徴を確認しながら選択・購入する際の参考にしていただけると幸いです。